アドセンス
スポンサードリンク
記事検索
 

社交ダンス ドレス、アンバランスが推進力

社交ダンス ドレス、アンバランスが推進力に関して説明します。
 社交ダンスではよくバランスが大切だと言われますが、そのバランスというのはあくまでも一瞬であって、そのバランスを節目節目で保ちながら、アンバランスとバランスとを交互に繰り返していくのが社交ダンスだそうです。
 だから、社交ダンスでバランスばかり気にしていると動きがぎこちなくなり、スピードや滑らかさがなくなってしまいます。それは、決して楽しそうなダンスではなくなってきます。
 バランスの後は、体勢を崩すようなアンバランスがむしろ体の推進力となって移動や回転が生まれるのです。そして、アンバランスというリスクを持ちながらまたバランスへと終着していく、これが社交ダンスの醍醐味であり、美しさを引き出すテクニックだということです。みなさんどう思われますか?(〜〜)

Blogランキングでちょっとダウンです。みなさん、よければ下是非クリックお願いします。ご協力をお願いします。
人気blogランキングへ

社交ダンス、ドレスのトップへ
http://dance-1bansuki.seesaa.net/

社交ダンス ドレス、5つのマナ−

社交ダンス ドレス、5つのマナ−についてです。ダンス教室に必ず一人くらいはそれぞれいるのではなだろうか。

@レッスン付けタイプ
 四六時中パートナーのダンスを直しているタイプ。ありがたいのは最初だけであろう、そのうち、うっとおしくなってくる。
A文句付けタイプ
 自分のことは棚に上げて、一挙一動に文句をつける。
Bシャドー人間タイプ
 一人で上体を作っての練習が好き。男性に多い。相手になった人はまるで道具かのごとくに扱われ、心が通じ合わない。
C頼り切りタイプ
 女性に多い。任せます、と言われれば、時には相手に好感をもたれるかもしれないが、自立していないから、いずれ無理が生じる。
D進歩願望ゼロタイプ
 とにかく、練習には来るがうまくなろうとは思っていない。

みなさんも自分の胸に手を当てて考えて見てみては(^^)
  
Blogランキングでちょっとダウンです。みなさん、よければ下是非クリックお願いします。ご協力をお願いします。
人気blogランキングへ

社交ダンス、ドレスのトップへ
http://dance-1bansuki.seesaa.net/