アドセンス
スポンサードリンク
記事検索
 

社交ダンス ドレス タンゴの歴史-3

社交ダンス ドレス タンゴの歴史-3

ブエノスアイレスで成熟したタンゴは、今度はヨーロッパに逆輸入されることになりました。新天地で財産を築いたヨーロッパからの移民たちはパリなどヨーロッパの都市へ子息を留学させることに熱心でした。この若い留学生たちがヨーロッパにタンゴを広めたのです。

その野性的で官能的なダンスに流行を先取りすることに目のなかったパリジャンたちは敏感でした。1900年代半ばからタンゴはパリで大流行しました。

1910年に入ると、イギリスにも伝わり第一次大戦後には数年がかりでボールルームダンス組織によってステップの標準化が行われました。そして、ワルツ、フォックストロットとともにタンゴを開拓しはじめたのです。

球技スタイルのタンゴはパリのカフェに発したフレンチスタイルの踊り方を基に、当時人気のあったステップをいくつかピックアップして定型化したものでした。

でしから、アドリブに告ぐアドリブで盛り上がるアルゼンチンタンゴとは必然的に赴きの異なるものになりました。


人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ

社交ダンスドレス、タンゴの歴史3

社交ダンス ドレス タンゴの歴史-2

タンゴで忘れてはならないのがハンドネオンです。名プレーヤー、アステル・ピアソラの活躍などでこの楽器の存在はポピュラーになりましたが、それがドイツで発明されたことはあまり知られていませんでした。
 
また意外なことにタンゴが踊られはじめたころの伴奏にバンドネオンはまだ使われていませんでした。タンゴ草創期の19世紀後半はフルート、バイオリン、ギターのバンンド編成が一般的でした。

ところがアコーデイオンを改良して5オクターブ以上の広い音域を持ったバンドネオンが19世紀待つにひとたびタンゴに取り入れられると1910年ころにはタンゴ楽団に必須の楽器となっていました。

その哀愁を帯びた独特の音色はブエノスアイレスに澄む人々の心の琴線にふれたのでしょう。バンドネオンを得たタンゴはブエノスアイレス人たちへの思いを代弁するダンス音楽へと成長していったのです。

人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ

社交ダンス ドレス、タンゴの歴史2

社交ダンス ドレス タンゴの歴史-2

タンゴのメロテイーが印象的なのは、ヨーロッパの音楽の影響をより強く受けているからです。タンゴ誕生に重要な役割を果たしたのはスペイン人でありイタリア人であり、ドイツ人でした。

スペイン南部では古くからタンゴという音楽形式が存在していました。これが現在のタンゴの直接の母体であるといわれています。

このスペイン南部のタンゴはキューバのハバネラの影響を受けて、19世紀後半にマドリードを中心に流行したサルスエラにもよく用いられるようになりました。そして当時すでにヨーロッパ文化を輸入する南米最大の窓口であったブエノスアイレスにも時を経ずして伝えられ、街の場末でタンゴが生まれるための重要な要素となったのです。

また、アルゼンチンにはイタリアからの移民が多く、その数はスペイン人をもしのぐほどでした。イタリア人たちは農地開拓を目的にやってきたのですが、決して勤勉とはいえないその気質のせいか開拓をあきらめる人がほとんどだったようです。その代わりにイタリア人はブエノスアイレスに労働者としてととどまり、酒場の娯楽の中心的な担い手となりました。彼らは祖国のオペラやナポリ歌謡をブエノスアイレスにもたらしました。

こうしたイタリア人の影響もタンゴの誕生には欠かせないものでした。


人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ

タンゴの歴史-1

社交ダンスのタンゴはなぜラテンではなくモダン部門に分類されているのでしょう。タンゴといえばその始まりはアルゼンチン、ブエノスアイレス。この南米に生まれたダンスがブラジルのサンバやキューバのルンバ、チャチャチャとは別の、ワルツやフォックススロットと同じ部門に属しているのは不思議なことです。

が、実際にタンゴを聴くと確かにほかのラテン音楽とは異なる雰囲気を感じます。サンバなどからはバラエテイーに富んだ打楽器の音色がリズミカルに聞こえてきます。一方タンゴは、やや悲哀を帯びたメロデイーが印象に残ります。この音楽性の違いには、アルゼンチンに黒人がさほど多くて移住し得なかったことが深く関係しています。

16世紀からアルゼンチンにも多くの黒人奴隷が送り込まれました。ところがアルゼンチン南部に連れられてきた黒人たちは土地の寒さに十分順応できませんでした。凍傷で死んでしまうか、暖かい北部のブラジルへ逃げ出してしまうかが大半だったようです。

わずかにアルゼンチンに残った黒人たちはカンドベと呼ばれる打楽器にリズムを残しています。それは少なからずタンゴの形成に影響を与えたと言われています。


人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ

社交ダンス ドレス、タンゴの歴史

社交ダンス ドレス、タンゴの歴史について紹介します。
 タンゴはスペインの血を引くアルゼンチン育ちである。アルゼンチンタンゴがヨーロッパに渡って改造され、ワルツ同様イギリス風に仕立てられたものである。アルゼンチンタンゴはスペインやイタリアから移民した貧しい人、ヤクザな男達、娼婦などの社会の底辺の層で踊られていたダンスだった。初期にはタンゴは男同士で踊られていたそうだ。なぜかというと、移民の人々は圧倒的に男が多かったからである。
 タンゴがパリにやってきたのは1905年、ウルグアイ人音楽家が男爵姿で披露した。その後、タンゴはパリの上流階級のお墨付きを取り付けれるまでの地位を次第に獲得していくのである。

Blogランキングでちょっとダウンです。みなさん、よければ下是非クリックお願いします。ご協力をお願いします。
人気blogランキングへ

社交ダンス、ドレスのトップへ
http://dance-1bansuki.seesaa.net/

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。