アドセンス
スポンサードリンク
記事検索
 

社交ダンス ドレス、ワルツカテゴリの記事一覧

社交ダンヅワルツの歴史観

社交ダンスのワルツについて。
フランス革命が幕開けを告げた1789年、パリはワルツに沸きました。かつてダンスを弾圧した教会や修道院といった場所にまで民衆がなだれ込み、そこはダンスホールに早変わり、パリだけでダンスを踊れる場所が700箇所もあったというのだから驚きですね。
 虐げられた共和制の下、庶民はダンスに酔ったそうです。ワルツは自由のシンボルと民衆の生きる表現であり、そして生きる喜びであったのです。(^^)


みなさんのおかげでBlogランキングで40位以内に入りました。ありがとうございます。もう少し上位を目指せれば思っています。みなさん、よければ下是非クリックお願いします。ご協力をお願いします。
人気blogランキングへ

社交ダンス、ドレスのトップへ
http://dance-1bansuki.seesaa.net/

社交ダンス、ワルツについて

社交ダンス、ワルツはフランス革命の自由を求める時代気分の中で広まったダンスです。ナポレオン軍の侵攻とともにヨーロッパ各地へ普及しました。当時ワルツを危険視する見方もあったそうです。特にイギリス人は、男女がピタリと体をくっつける踊りは破廉恥としてなかなか受け入れなかったとのことです。しかし、ワルツは根強かった、それは人々が二人で踊ることの喜びを発見し、価値を認めたからです。つまりは、人間の本能を認めたということなのだと思います。フランス革命の時代、カップル、恋人が世に認められるようになると同時に、ワルツも人々に浸透し、公衆の面前で二人で向き合うことの喜びを感じられるようになったのだそうです。(^^)(^^)


みなさんのおかげでBlogランキングで40位以内に入りました。ありがとうございます。もう少し上位を目指せれば思っています。みなさん、よければ下是非クリックお願いします。ご協力をお願いします。
人気blogランキングへ

社交ダンス、ドレスのトップへ
http://dance-1bansuki.seesaa.net/