アドセンス
スポンサードリンク
記事検索
 

社交ダンス、ドレス。大きく見えるタンスって?

社交ダンスドレス。

大きく見えるタンスってどうやれば踊れるのでしょうか?

フロアーで踊っている時には、とても大きく見えるのに、梼に並んでみると自分と同じ位の背丈だったり、もっと自分よりも背の低い方だったとわかって驚いた方も少なくないのではないでしょうか。

この大きく見える、見せているというのはもちろん、グンスのための身体の使い方をしているということなのです。

例えば、上体を使わずに踊った場合には、頭の高さは大体一定の高さを保って平行に移動していきます。

そこで次に、お腹の筋肉を使って上体を弓のように引き伸ばすと、上体の動きに広がりが出てきます。上体を使っていないと、ムービングは柔らかくても、棒が平行に移動するようにしか見えません。

お腹の筋肉を使って上体を伸ばして踊ると、身体全体がバネになったような広がりを見せるよぅになるのです。

この差はひと回りもふた回りも踊りに厚みと大きさを作り出す元となっているのです。


人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。