アドセンス
スポンサードリンク
記事検索
 

社交ダンス、ドレス。ダンスに必要な筋肉。

社交ダンスドレス。

ダンスに必要な筋肉をつけることは簡単なようで容易なことではありません。

例えば、ダンスでホールドを作るための筋肉は、広背筋や大円筋、小円筋、三角筋等、一般的にはほとんど聞いたイこともないようなところであり、普通は、その部分だけを力こぶのように動かすのは難しいものです。

トッププロや上級者は、こうしたインサイドの筋肉や骨格の動きをうまく利用しているのです。

身体の構造を知り、必要な筋肉をつけ活用することによって美しいシルエットを作り出すことが可能で、それは自信につながりダンスを効率よく上達させます。

そして、筋肉をつけることでダンスが上達するだけでなく、ダンスで起こりやすい膝や腰などの傷害の予防と治療にも役立てて欲しいと思います。


人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。