アドセンス
スポンサードリンク
記事検索
 

社交ダンス ドレス、競技会を目指すとは?

社交ダンス ドレス、競技会を目指すとは?

趣味程度で楽しんでいる間は別として、少しうまくなると競技会に誰しも興味を覚えてくるものである。競技会に行くと、これまで得られなかった感動が得られたりするし、また自分も、ああなりたいという強い欲求と共に、さらに練習に打ち込めたりもする。

しかし、いざ競技会などに参加するとこれまで涌き合いあいとやって来たパートナーとの間がぎくしゃくして来ることは珍しくない。審査結果の受け止め方がパートナー同士で異なるし、誰しもうまくいかなかったときは相手のせいにしたくなるものだ。あなたがここを間違えたから、、、あなたがこうしなかったから、、、と、探せばいくつも不満が出てくる。

プロのダンサーでも、踊っている間は相思相愛のような笑顔を振舞っているが、一歩楽屋に入れば、つないでいた手を振り払い、激しく言い争いを始める、などという姿は決して珍しくないのである。踊りながら言い争いを始めてとうとう踊りを途中放棄してしまったカップルすらいるくらいだ。現実はそれほどに厳しいものなのである。

こうなると楽しかったはずのパートナーとの社交ダンスも、一気にストレスの源泉となってしまい、なんのための趣味なのかわからなくなってしまう。人間関係まで変になり、自分が醜く感じて来る頃はもはや誰も相手にしてくれなくなってしまうかもしれない。

やはり社交ダンスの基本は異性とのダンスを楽しむためのものであり、うまくいくもいかないもそれなりに相手を認め合って、励ましあい、そして包んであげることが重要ではなかろうか?

いかがでしょうか、みなさん?

人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ

社交ダンス ドレス、熱中しすぎて空出勤

社交ダンス ドレス、熱中しすぎて空出勤。

面白い記事を見つけたので、おやつ代わりに紹介します。

裁判官がカラ出勤 社交ダンスに熱中。
 裁判官(58)が、約一年半の間、無断欠勤を繰り返した上、大半は出勤扱いとする「カラ出勤」をしていたようです。数年前の出来事です。神戸地裁の内部調査で判明、裁判官はカラ出勤を認めた上で、「趣味の社交ダンスに熱中していた」と話している。

 裁判官は、一九九五年八月に大阪高裁の主任書記官から任官。大阪簡裁裁判官などを経て、九九年三月から豊岡簡裁に着任し、浜坂簡裁裁判官を兼務していた。

 神戸地裁が昨年十月から内部調査をしたところ、裁判官は、月四回毎週火曜日に浜坂簡裁に通うことになっていたが、二〇〇〇年四月から〇一年十月まで月一回程度しか出勤していなかった。

「取り扱い事件が少なかったので、原則、毎月第三火曜日に浜坂簡裁に行っていた」と。代わりに「官舎にいたり、趣味の社交ダンスで大阪方面に行っていた」という。

人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ

社交ダンス ドレス、社交ダンスが最も盛んな国

社交ダンス ドレス、社交ダンスが最も盛んな国はどこでしょう?

 それはフィリピンです。フィリピンには、ほぼ世界中のステップが集まってきており、若い人から高年齢の方まで非常に盛んだということです。フィリピンには、なんと15にもわたるステップがあるそうです。フィリピンで覚えたステップは、世界どこへ旅をしても、世界どんな人と踊っても、そのまますぐに通用します。通称DIと呼ばれるダンシング・インストラクターが一般の職業としてあるそうで、彼らは生徒にレッスンをしたり、一緒にボールルームやダンスパーティにでかけます。彼らは主に20代です。幅広い年齢層の方がDI(ダンシング・インストラクター)によって楽しむことがでるそうです。

一度フィリピンに行って見るのも面白いかもしれませんね。

人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ


社交ダンス ドレス、ワルツの革新

社交ダンス ドレス、ワルツの革新。

ワルツはバレーと共にに歩み、特につま先立ちを必要としていたワルツが見直され始めたのは1900年代初頭です。つま先立ちは一般の踊り手には難しく、自由に踊ろうとする気運が高まりました。そして、自由を謳歌する国アメリカからボストンワルツという新種のダンスが伝わりました。それは、元々ヨーロッパのウインナーワルツがアメリカ文化にもまれて逆輸入されものでした。

このボストンワルツによって、社交ダンスをバレーの技術から完全に解き放ちました。そして、難しいがために離れかかっていた踊り手を再び舞踏会へ呼び戻したのです。

そして、舞踏会やダンス場では、バレーの技術とは無関係のダンスが踊られるようになりました。

人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ

社交ダンスとバレーは起源は同じ

社交ダンス ドレス、バレーと社交ダンスについて、しばらく説明をしていきます。

 現在2つは全く異なる種類のダンスと捉えられています。バレーは鑑賞すべき舞台芸術、社交ダンスは自ら踊って楽しむもの、といった感じで。

 しかし、両者はもともとの起原は同じものです。ともにヨーロッパの一地方に生まれた民族舞踊を宮廷にとりいれて始まった舞踏会を起原とします。それが観るものと踊るものに区別されるようになったのは15世紀から17世紀にかけてです。

 ルイ14世は王立舞踊アカデミーを設立し、舞台芸術としてのバレーの創作活動を本格化させました。これ以降、バレーは人々の鑑賞用の踊りとして急速に変化し発展していきました。
発展した高度な技術が、立ち方、そう「つま先立ち」です。

 このつま先立ちの技術はバレーの創世記に考案されたものですが、意外にも舞踏会においても適用され20世紀初頭まで市民の社交ダンスに取り入れられていました。

人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ

社交ダンス ドレス 競技種目になっていないダンスサルサ

社交ダンス ドレス 競技種目になっていないダンスの中でサルサを簡単に紹介します。

 サルサは今もっともパーテイーダンスを熱くしているダンスと言えます。陽気なリズムに乗せて、恋する弾けんばかりのうれしさや愛するあまりの切なさがストレートに表現される音楽を一度聴いたら熱くせずにはいられません。

 踊り方にはキューバン・スタイルとニューヨーク・スタイルがあります。キューバン・スタイルは激しく情熱的、ニューヨーク・スタイルはシックに洗練されています。どちらを踊るかはその人のお好みしだい。

 踊る相手や音楽に合わせてスタイルを変えてみるのも面白いかもしれません。

人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ

社交ダンス ドレス 競技種目になっていないダンス、ジルバとアルゼンチンタンゴ

社交ダンス ドレス 競技種目になっていないダンスの中でジルバとアルゼンチンタンゴを簡単に紹介します。

 ジルバはジャイブとほぼ同じステップで、シャッセがいらない分余裕を持って踊れます。映画「グリース」の中でオリビア・ニュートンジョンとジョントラボルタが踊っていたように、気取らぬロックンロールの曲によく合うダンスです。

 アルゼンチンタンゴは男女が脚をからませて踊るなど、ステップワークが他のパーテイーデンスに比べてやや高度です。が、とにかく魅力的なダンスですからチャンレンジしてみてください。最近では普通のダンスパーテイーでも踊られることが多くなってきましたし、アルゼンチンタンゴだけのパーテイーも開かれています。

人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ

社交ダンス ドレス 競技種目になっていないダンス

社交ダンス ドレス 競技種目になっていないダンス
社交ダンスで競技種目になっていないダンスは、以下です。

ブルース
スクエアルンバ
マンボ
ジルバ
アルゼンチンタンゴ
サルサ

今日は、マンボを簡単に紹介します。1950年代はまさにマンボ一色でした。それはペレス・プラードの「マンボNo5」が世界的な大ヒットになったからです。男女が手をつながずに踊れるのがマンボの特徴で、ほかのカップルダンス以上にアイコンタクトで通じ合うことが大事です。両手を自由に使えるので、自分なりの不利が楽しめるマンボはもちろん現在のダンスパーテイーでも人気のダンスです。

人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。