アドセンス
スポンサードリンク
記事検索
 

社交ダンスドレス、お腹の筋肉を意識して。

社交ダンスドレス。

ダンスでお腹の筋肉をうまく使う方法としては、右と左のわき腹をゴムのように伸ばすように動かします。

エクササイズなどで、意識してお腹の筋肉を使って状態を伸ばしたり
縮めたりする練習をしてみましょう。

ダンスを離れて筋肉をがむしゃらに鍛えようとするとなかなか続かないので、ダンスを踊るような気分で上体のエクササイズを行って見るのが効果的だと思います。


人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ

社交ダンス、ドレス。大きく見えるタンスって?

社交ダンスドレス。

大きく見えるタンスってどうやれば踊れるのでしょうか?

フロアーで踊っている時には、とても大きく見えるのに、梼に並んでみると自分と同じ位の背丈だったり、もっと自分よりも背の低い方だったとわかって驚いた方も少なくないのではないでしょうか。

この大きく見える、見せているというのはもちろん、グンスのための身体の使い方をしているということなのです。

例えば、上体を使わずに踊った場合には、頭の高さは大体一定の高さを保って平行に移動していきます。

そこで次に、お腹の筋肉を使って上体を弓のように引き伸ばすと、上体の動きに広がりが出てきます。上体を使っていないと、ムービングは柔らかくても、棒が平行に移動するようにしか見えません。

お腹の筋肉を使って上体を伸ばして踊ると、身体全体がバネになったような広がりを見せるよぅになるのです。

この差はひと回りもふた回りも踊りに厚みと大きさを作り出す元となっているのです。


人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ

社交ダンス、ドレス。ダンスに必要な筋肉。

社交ダンスドレス。

ダンスに必要な筋肉をつけることは簡単なようで容易なことではありません。

例えば、ダンスでホールドを作るための筋肉は、広背筋や大円筋、小円筋、三角筋等、一般的にはほとんど聞いたイこともないようなところであり、普通は、その部分だけを力こぶのように動かすのは難しいものです。

トッププロや上級者は、こうしたインサイドの筋肉や骨格の動きをうまく利用しているのです。

身体の構造を知り、必要な筋肉をつけ活用することによって美しいシルエットを作り出すことが可能で、それは自信につながりダンスを効率よく上達させます。

そして、筋肉をつけることでダンスが上達するだけでなく、ダンスで起こりやすい膝や腰などの傷害の予防と治療にも役立てて欲しいと思います。


人気blogランキングへ
●社交ダンス ドレストップへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。